通販とふるさと納税と調布

通販のお得情報、ふるさと納税等と調布の地元情報を発信していきます。

スルガ銀行の2018年9月決算を分析します。

 こんばんは。mymykenshinです。今日はスルガ銀行の決算でした。

過去に何度かスルガ銀行の投稿をしている関係で、毎日一定のアクセスがあります。

今日は区切りの2018年9月決算が出ましたので分析をしたいと思います。

 

①2018年9月決算

https://www.surugabank.co.jp/surugabank/investors/ir/h31/pdf/h31_2_all.pdf

 

それと報道です。

www.nikkei.com

 

すごい簡単に説明すると、1200億円弱の与信費用(回収不能かもしれない費用)を計上した結果、最終赤字985億円に転落したということです。

 

もともと8月に不適切融資1兆円で大騒ぎになりました。

www.nikkei.com

それが決算発表されたら1200億円って何か変?だなと思いませんか?

スルガ銀行の純資産は3千億円なので、1兆円の不適切融資って。

 

もしかして債務超過???

って不安が巡ってきても仕方ありません。

実は私は、今回の結果については、こんなもんだろうと思っていました。かぼちゃの馬車など、すでに不動産会社が破綻しているような、ほぼ詐欺の案件は、金融庁から助けろ指令が出ていますので、大半は諦めると思います。

 

ところが、その後ろに現在ギリギリでやっている大家が9000億円分はいると思っています。

ひどい融資ですが、さすがに最初から赤字というわけではありません。おそらく5年後とかに苦しくなると思われます。家も古くなって入居率が悪くなってくるタイミングです。

そもそも2025年問題ってのがあって、マンションはそもそも経営厳しくなるのです

gendai.ismedia.jp

今回の1200億円に、こういった将来の不安部分は入っていません。あくまで現時点のヤバイものだけです。

 

②意外に決算良かったけど、もちろん買いではない。

もし1200億円の与信費用がなかったら、去年同期比 増益でした。記事にも書いてある通り、それほど悪い決算ではなかったと思います。やはり貸し出し金利が下がらなかったのは、青色吐息のオーナーが一生懸命返済しているからだと思われます。

*******************************

本業のもうけを示す実質業務純益(単体)は前年同期比9%減の301億円だった。貸出金利回り3.36%と、高利率の貸し出しから得られる貸出金利息が下支えした 

 

 

不適切融資により顧客の流出が進み、9月末の預金残高は17年9月末に比べ6601億円減少して3兆4159億円となった。貸出金残高は2001億円減の3兆858億円だった。

スルガ銀は10月、金融庁から投資用不動産融資の一部業務停止を含む行政処分を受けた。女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」をめぐる投資トラブルに関連して審査書類の改ざんなど不適切な融資が横行していたことが明らかになっている。

********************

じゃあ買いなのかというとノーです。

理由①は、金融庁の行政処分は10月なので、、これから決算が悪くなるでしょう

理由②現時点では倒産懸念はありませんが、こんご苦しくなる展開です。

理由③支援にどこも乗り出さない。

もともと法人には弱く、爆弾がいっぱいつまっているので、引き受けるところが出てきにくい

③まとめ

いますぐ倒産懸念ということはありませんが、今後苦しくなってきます。

今回の決算を受けて買いだ~って人は株式市場というものを理解していません。

将来に大きな不安を残す株は敬遠されるでしょう

 

※よかったらポチをお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ ふるさと納税へ
にほんブログ村


ふるさと納税ランキング